日通の引っ越し単身パック

 

日通の単身パックは近距離・長距離から最適なプランが選べます。

 

ワンルームパック(近距離)
単身・ひとり暮らしで、1R〜1DK(30u以下)の家財量で、4時間以内で作業が完了する近距離の引越に最適です。
平日最大29,800円(税込)
土日祝最大34,800円(税込)

 

ワンルームパックPLUS(近距離)
単身・ひとり暮らしで、1R〜2DK(30u超〜40u)の家財量で、4時間以内で作業が完了する近距離の引越に最適です。
平日最大39,800円(税込)
土日祝最大44,800円(税込)

 

単身パックS・L(長距離)
引越の専用ボックスでお客様のお荷物を安心・安全に運ぶ「単身パック」。
荷物量にあわせて2サイズから選べます。
・単身パックS 17,000円(税抜き)〜
  BOXサイズ 108×74×154cm
・単身パックL 18,000円(税抜き)〜
  BOXサイズ 104×104×174p

 

 

【割増料金について】
■ 夜間配達:1BOXあたり 2,000円(税抜き)
■ 土・日・祝日配達:1BOXあたり 2,000円(税抜き)
■ 土・日・祝日の夜間配達:1BOXあたり 4,000円(税抜き)
■ 3/20〜4/5までの期間:1BOXあたり 2,000円(税抜き)
※集荷・配達の両方、及びどちらか一方が期間内の場合

日通・単身引越サービスの詳細

 

日通の単身パック

日本通運(以下では日通と表記)の単身引越サービスについて詳しく紹介します。

 

「引越は日通」のキャッチフレーズでお馴染みの日通は、国内外引越ともに定評のある引越業者です。

 

これまで、海外赴任や留学などで、海外引越を経験された方の中には、日通に引越依頼された方も少なくないでしょう。

 

さて、この日通がどのような単身プランを提供しているかというと、「小さな引越から大きな引越」まで、非常に特色あるプランを設定しています。

 

それは、現在(2016年8月15日開始)、期間限定の特別パックもラインナップ入りした、日通オリジナルの「単身パック」シリーズです。

 

このプランは、

  • 大き目の荷物が少なめの単身者に向けた「単身パックS/L」
  • 大き目の荷物も含む長距離引越に便利な「単身パックX」
  • 近距離引越のみを対象とする「単身パック当日便」
  • 8月から10月までの期間限定特別パック「単身パック積んでみる1.5m3」サービス

です。

 

「単身パック積んでみる1.5m3」サービスは、ちょっと面白い名前ですよね。

 

実は、このタイトルにこそ、パックの内容がそのまま表れているのです。

 

具体的にどういうサービスなのかについては、次にご紹介する各プランの詳細とともにご説明します。

 

その説明を読んでいただければ、「なるほど、そういうことだったのか!」と、納得いただけるはずです。

 

 

日通の単身引越サービスの詳細

 

『単身パックS/L』は、用意されたボックスに荷物を積載するタイプの引越です。

 

規定のサイズのボックスに入れたいものを積み込み、ボックスごと運んでもらいます。

 

同じ名称でも、『単身パックX』タイプの方は、ボックスではなく鉄道コンテナ輸送になります。

 

『単身パック当日便』は、全作業時間が4時間以内を基本とする近距離用引越サービスです。

 

『単身パック積んでみる1.5m3』は、お客さまがご自宅において、指定サイズの空間に荷物をセッティングしておくことが前提となっています。

 

期間が限定されていますが、15,000円からの料金設定がある嬉しいサービスです。

 

空間の作り方や、荷物の積み方などについては、日通のホームページで動画による説明を行っているので、そちらを参考にすると良いでしょう。

 

各サービス内容の詳細

積載量・料金

積載可能荷物例 サービス対象エリア

単身パックS
(ボックス)

横幅108p×奥行74p×高さ155p(約1.23m3)
17,000円〜

冷蔵庫(小)・テレビ(小)・電子レンジ・クリーナー・3段ボックス・姿見・布団・段ボール約4個〜5個 全国

単身パックL
(ボックス)

横幅108p×奥行104p×高さ175p(約1.96m3)
18,000円〜

冷蔵庫(小)・洗濯機・テレビ(小)・電子レンジ・クリーナー・3段ボックス・姿見・布団・衣装ケース・段ボール約5個〜6個 全国

単身パックX

ボックスではありません
(鉄道用コンテナ使用)
容量:単身パックLの約3倍の荷物を運べます
51,000円〜98,500円

冷蔵庫(小)・洗濯機・テレビ(小)・テレビ台・ベッド・机・テーブル・自転車・本棚・ソファ・電子レンジ・クリーナー・3段ボックス・姿見・布団・衣装ケース・段ボール約5個〜10個

長距離:150km以上
(鉄道輸送を利用して、低価格で引越サービスを提供します)

単身パック当日便

特に指定なし
料金:作業内容と移送距離により設定

ワンルーム〜2DKの荷物が目安:移動と作業時間を合わせて4時間以内の荷物量

近距離のみ
(移動距離30分前後で作業時間4時間以内)

単身パック積んでみる1.5m3 
(8月15日〜10月31日集荷分のみの期間限定)

横幅100p×奥行100p×高さ150p(1.5m3)
15,000円〜37,000円

電子レンジ・炊飯器・3段ボックス・布団・段ボール
衣装ケース・4箱〜6箱

発送地:東京・神奈川・千葉・埼玉
到着地:札幌・仙台・東京・神奈川・千葉・埼玉

 

 

利用者の口コミ・評価

 

日通の前にヤマトで引越しをしました。

 

東京から京都に昨年引っ越したのですが、その時クロネコヤマトの宅急便を使って、電子レンジを単品で運んでいただきましたが、1週間ほどしてから中をあけ、電子レンジを使用してみると、電子レンジが壊れていました。

 

京都から熊本に引っ越した時に、日本通運の引っ越し単身パックを使いましたが、はじめは荷物が乗り切らず、追加料金が、かかるかもしれないと思いましたが、思った以上に沢山荷物がのり、少しだけ乗せる荷物が足りなくなり、洗濯機などを処分せず、のっけていってもらえばよかったと思いました。

 

同じくその時、郵便局のユーパックを利用して、段ボール2つほど送りましたが、他の会社に比べて、早く荷物が着きました。

 

またお客に対する対応もスピーディーで、良かったとおもいます。

 

 

 

縦横高さ幅のサイズが決まっており、その中に入るように段ボール等を組み合わせるので、家であらかじめ用意ができ、値段も把握できたため、無駄な費用がかかりませんでした。

 

私が利用したLパックは思っていたよりも余裕があり、洋服や物が多い女性でもちょうどよく感じました。

 

ホームページも見やすく、実際の目安になる画像と荷物の内容が掲示されていたり、作業の流れが自分でやるところと業者がやるところがしっかり記載されていたりと依頼する前からある程度イメージもできるようになっていたので、安心して依頼できました。

 

また、1ボックスにつき150万の運送保険がついているのも安心できてよかったです。

 

当日も業者さんたちは丁寧でしたし、何より仕事が早かったのでとても助かりました。

 

 

 

日通と他社との違い

 

日通の単身パック

日通の単身引越サービスの特徴は、以上のように、近距離から遠距離まで対応する、さまざまなパックが設定されている点です。

 

唯一、サービスに欠けている点を指摘すると、「近距離で荷物が多めの方」用のサービスがないことでしょう。

 

では、他の引越業者は、どのようなサービスを提供しているのか、日通と比較してみましょう。

 

日通以外で、ボックスタイプの引越プランを用意しているのは、サカイ引越センターとクロネコヤマト(ヤマトホームコンビニエンス)です。

 

ただし、サカイ引越センターのボックス引越は、関西と関東エリア間の輸送のみを対象としているので、他地域の引越をお考えの方は、日通とクロネコヤマトを比較してください。

 

※黄色は、ボックスタイプであることを示します

 

荷物少なめ引越にお勧めのプラン

荷物多め引越にお勧めのプラン

近距離

遠距離

近距離

遠距離

日通

単身パックS/L 単身パックS/L 該当なし 単身パックX
単身パック当日便 単身パック積んでみる
単身パック積んでみる  

サカイ
引越センター

パンダロジスティックス(関西・関東間のみ) 

ご一緒便コース
(引越日はサカイが設定)                

せつやくコース(小物類は自分で梱包・荷解き)                 せつやくコース(小物類は自分で梱包・荷解き)

 
クロネコヤマト

単身引越サービス・フル 単身引越サービス・フル

単身引越ジャストサービス:翌日配可能(600km以内の場合)
(他の宅急便との混載)

単身引越ジャストサービス:翌日配可能(600km以内の場合)
(他の宅急便との混載)

単身引越サービス・ミニ 単身引越サービス・ミニ
おまかせフリー割  

※「単身パック積んでみる1.5m3」は、8月15日から10月31日までの期間限定サービスです

 

次に、ボックスタイプのみで、容量と料金を比較してみます。

 

ボックスタイプ:サイズ(内寸)・料金

日通

単身パックS

108p×104p×155p(1.23m3) 17,000円〜

単身パックL

108p×104p×175p(1.96m3) 18,000円〜
サカイ引越センター パンダロジスティックス 105p×75p×144p(1.13m3) 非公開※

クロネコヤマト

単身引越サービス・ミニ 108p×104p×130p(1.40m3) 16,000円〜
単身引越サービス・フル 104p×104p×183p(1.98m3) 17,000円〜

※サカイ引越センターのボックス引越は、WEB見積り申し込み後、見積りによって算出されます

 

上の二つの表を併せて見ると、ボックスタイプで引越を行う場合は、日通よりもクロネコヤマトの方が、より多く(大きな)ものを運べて、料金も少し低いことが分かりますね。

 

また、日通「単身パック積んでみる1.5m3」は、期間がかなり限られているので、引越のハイシーズンには利用し辛いタイプとなっていますが、スケジュールとサイズが合う方には、最もお得なプランとなります。

 

 

まとめ

 

日通の単身パック

日通の単身用引越パックの最大の魅力は、ほとんどのプランについて明確な料金を設定しているため、非常に安心感があることです。

 

また、ホームページ上の一覧表を見れば、発着場所から料金が分かるようになっている点も、「さすが大手の日通」と感じさせますね。

 

遠距離引越の場合には、鉄道輸送(単身パックX)を利用することによって、エコに配慮した低料金での引越が実現する点も見逃せません。

 

ただし、クロネコヤマトが行っている「単身引越ジャストサービス」と比べると、スピーディーさではヤマトの方が勝っていると言えます。