クロネコヤマトの引っ越し単身パック

 

クロネコヤマトの単身パックは2種類あります。
荷物の少ない方向けに「miniタイプ」、一通りの家財のある単身引越には「フルサイズ」がオススメ

 

miniタイプ
同一市区内の関東エリアは16,000円(税抜)、その他のエリアは13,000円(税抜)
東京から神奈川なら18,000円(税抜)
BOX内寸は1.04m×1.04m×1.30m

 

荷物量の目安
ダンボール約15箱
衣装ケース3個
布団袋1袋

 

フルサイズ
同一市区内の関東エリアは17,000円(税抜)、その他のエリアは14,000円(税抜)
東京から神奈川なら21,000円(税抜)
BOX内寸は1.04m×1.04m×1.70m
*繁忙期シーズンの利用には1BOXにつき2,000円が加算されます。

 

荷物量の目安
冷蔵庫(2ドア)
全自動洗濯機(4kg)
電子レンジ
ダンボール約10箱
衣装ケース3個
布団服1袋
スーツケース1個

 

クロネコヤマト・単身引越サービスの詳細

 

『単身引越サービス』の特徴は、何と言っても、規定サイズのボックスに詰め込めるだけの荷物を入れて送ってもらえるという点にあります。

 

荷物の全てが家具であっても、あるいは段ボール箱であっても構わないので、好きなようにアレンジできるのが良いですね。

 

また、家具の梱包などは特に行わずに積み込むことができるので(埃などがかからないようにカバーは掛けられるので安心です)、非常に短い時間で搬出・積込み作業が終了するのも魅力的です。

 

ボックスのサイズ/積載可能荷物例/料金

 

ボックス内寸

荷物例

料金

 

フルサイズタイプ

横幅104cm×奥行104p×高さ183cm 小型冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・衣装ケース・布団セット・3段ボックス・ダンボール箱約10箱 

 

12,000円※(税抜)〜

 

ミニタイプ

横幅104cm×奥行104p×高さ130cm

布団セット・衣装ケース・3段ボックス・段ボール箱約15箱

 

11,000円※(税抜)〜

 

※関東エリアの同一市区内で、WEB割引・早期割引・平日割引を適用した場合の最安値です

 

注意事項

ハイシーズン(3月20日〜4月5日)の荷物発着につきましては、1ボックスにつき2,000円の割増料金が加算されます。

 

お得なサービス

WEB・平日(月曜日〜木曜日の搬出・搬入が対象)はそれぞれ2,000円割引、早期申し込み(搬出作業当日から14日以上前の申し込みが確定した場合)は1,000円割引となります。

 

クロネコヤマトの単身パック

また複数のボックス輸送を申し込むと、1ボックスにつき1,000円ずつ割引かれます。

 

これらのサービスを全て利用した場合には・・・
WEB割2,000円+平日割2,000円+早期割1,000円+2ボックス利用割2,000円=7,000円もお得に引越ができることになります。

 

全部利用できなくても、少なくとも「WEB割引」は使いたいですね。

 

家具・家電×単身引越サービスについて

『家具・家電×単身引越サービス』は、引越先での生活があまり長くない方にお勧めのプランです。

 

数か月または数年しか転居先に住まないのに、家具や電化製品を新たに購入するのは、無駄な費用が掛かるだけではなく、引越そのものが大掛かりになってしまいます。

 

そのような時には、ヤマトホームコンビニエンスのボックス引越と、このレンタルプランをダブルで利用して、お手軽に引越をしましょう。

 

レンタル商品は、新品・中古から選ぶことができます。

 

下に商品の一例をご紹介しますが、「実際にはまだまだある」ということを念頭に置いて見てくださいね。

 

  • 家具

    チェスト・ローテーブル

  • 家電

    冷蔵庫・掃除機・洗濯機・エアコン(本体&室外機)・電子レンジ

  • AV機器

    パソコン:テレビ・ビデオデッキ・パソコン

  • 生活用品

    カラーボックス・衣装ケース・布団 など

 

レンタル商品は、ヤマトホームコンビニエンスのホームページに設定されている入力フォームで簡単に依頼することができます。

 

レンタル商品は1点から、そして、レンタル期間は1ヵ月から利用可能なので、短期滞在者の強い味方となってくれます。

 

単身引越ジャストサービスについて

『単身引越ジャストサービス』は、冒頭でお知らせしたように、他の宅急便荷物との混載を行うサービスです。

 

トラックの空スペースを有効に利用するこのプランは、家具輸送の費用をグンと抑えることができる点と、宅急便システムを利用しているが故に行えるスピーディーさが自慢のサービス。

 

「さすがはクロネコヤマト!」ですね。

 

さらに、テレビと洗濯機のセッティング付きなので、引越当日から直ぐに日常生活を始められます。

 

急な転勤で引越が決まった方にもお勧めのプランですよ。

 

おまかせフリー便サービスについて

『おまかせフリー便サービス』プランは、スケジュールに余裕があって、かつ、輸送距離が50km以内の方を対象としています。

 

積載荷物が少なめで、近距離のお引越をするのであれば、このプランを利用しましょう。

 

引越希望日から5日間内のスケジュールで、ヤマトホームコンビニエンスが作業日を設定しますので、その日時に合わせることが、このプランンの利用条件となっています。

 

 

利用者の口コミ・評価

 

10年程前になるので、少し遠い記憶となってしまいますが、一人暮らしをしていた時の引越しの様子です。

 

単身でさほど家具も多くなかったため、単身用の引越しパックを依頼しました。

 

当時エレベータのない3階に住んでいましたが、テキパキと何往復もして運んで頂いたのを憶えています。

 

また室内だけではなく、マンション内も家具等で傷つけないよう、あらかじめ専用シートを敷いたり、壁を保護していて、こういったことがマニュアルとして、徹底しているのだと感心しました。

 

引越し業者を以来することが始めてで、不安もありましたが、当日の流れをしっかりと説明してもらったこと、とにかくテキパキと動いている姿にとても感動したことを憶えています。

 

 

営業の説明がとても分かりやすくて好感が持てました。

 

費用が抑えられたのはよかったのですが、引っ越し先への細い到着時間の指定が出来なかったので動きがとりにくかったです。

 

また、単身引っ越しらくらくパックは4回程利用した事があるのですが、引っ越しの作業をしてくれる人によって対応が全然違いました。

 

単身パックは決められたスペースしか詰め込むことができないので何とかして詰め込もうとして下さる作業員の方もいれば、早々詰め込むのは無理だと諦めてしまう作業員の方もおり少し残念に感じました。

 

段ボールの調達は自分でしなければならなかったのですが、綺麗なダンボールが欲しければホームセンターでも売ってますし、ドラックストアやスーパーでも空ダンボールを貰うことが出来たので段ボール調達に苦労はしませんでしたが、まだ車を持っていなかった時は段ボールを運ぶのに少し苦労しました。

 

希望者には段ボールを用意してくれる制度があったらいいのになとは感じました。

 

 

 

ヤマトホームコンビニエンスと他社の違い

 

ヤマトホームコンビニエンスの単身サービスと他社のサービスとの大きな違いは、ボックス単位の引越が可能な点と、引越と同時に家具や家電のレンタル品を新居に搬入してもらえることです。

 

大型家財を搬出入する手間が省け、また、新しく購入する必要もないというメリットがある点では、他の引越業者と比較すると群を抜いていると言えます。

 

ヤマトホームコンビニエンスと同様に、ボックス単位での引越サービスを行っているのは、日通・サカイ引越センター・SGムービングですが、サカイ引越センターは、対応エリアが関東−関西に限定されており、また、SGムービングは基本的に、遠距離用にボックス(カーゴ)輸送を提供しています。

 

そのため、レンタル面を除いてのボックス引越を比較するのであれば、日通との違いを把握することがポイントになります

 

では、ヤマトホームコンビニエンスンのボックス引越と、日通のボックス引越サービスの内容を比べてみましょう。

 

  ボックス内寸 料金(税抜) 割引サービス その他

 
ヤマト

フル:横幅104cm×奥行104p×高さ183cm(約1.98m3)

17,000円〜

・WEB割2,000円
・平日割2,000円
・早期割1,000円
・複数割:1ボックスにつき1,000円

ミニ:横幅104cm×奥行104p×高さ130cm(約.140m3)

16,000円〜

日通

L:横幅108p×奥行104p×高さ175p(約1.
96m3)

18,000円〜

・WEB割2,000円
・複数割:1ボックスにつき1,000円

アマゾンギフト券1,000円分プレゼント

S:横幅108p×奥行74p×高さ155p(約1.23m3)

 

17,000円〜

 

表を見て分かるように、二社の料金に大差はないと言えますが、ヤマトには、平日割引と早期申込み割引があるので、この割引を両方利用できる方であれば、日通よりも、かなりお得に引越ができます。

 

次に、積載可能な容量の大きさ順に並べると…

  1. ヤマトフルサイズ
  2. 日通L
  3. ヤマト・ミニ
  4. 日通S

となります。

 

また、最も高さ(長さ)のあるものを運べるのも、ヤマトのフルサイズボックスになりますので、引越荷物の内容・量・大きさ・形状を考慮してプランを選択するのが良いでしょう。

 

 

まとめ

 

クロネコヤマトの単身パック

クロネコヤマトは、全国各地に展開する宅配・引越業者の老舗であり、まず信頼感が厚いのが強みです。

 

クロネコヤマトなら、何かあっても無責任なことはしないだろう」と感じる方も多いでしょう。

 

さらに、引越サービスと家具・家電レンタルを合わせているアイディアとオリジナリティ溢れるサービスが魅力的で、進学・転勤など、数か月から数年の限られた期間の生活であれば、このレンタルサービスが、クロネコヤマトの「武器」とも言えます。

 

また、ボックス引越は、見積りの必要がないので、転居前の最も忙しい時期に、無駄な時間を費やすことがないのも良いですね。